看護師の求人でキャリアアップは?

看護師としてキャリアアップを目指すには様々な道・選択肢が用意されています。

 

基本的に看護師としてキャリアを高めたいと言う場合には、看護師の資格プラスαの資格を有することが必要になります。

 

一番わかりやすいのが、保健師や助産師といった専門職。これらの資格を得るためにはまず看護師の資格を有していることが最低条件、そのほかにも専門看護師や認定看護師など専門の知識やキャリアを積んで資格を取得すると言う方法もあります。

 

最近では病院側も助産師や専門看護師などの資格を積極的に受けることを望んでいて、資格取得勉強の際には休職を認めると言うように資格取得しやすい環境づくりも行われています。

 

少し前までは看護師のキャリアアップといえば看護師長のように病院内での地位を上げるといったものしかありませんでしたが、保健師や助産師、さらには専門看護師などの資格取得によって、看護師としての経験と技術をより高めていけるチャンスが大きく広がったと言えるでしょう。

 

保健師

保健師を要請するための専門機関を卒業し、その後国家試験を受けて合格したのち晴れて保健師の資格を取得することができます。保健師の養成機関として最も多いのが看護学校の上級コースを卒業することで、そのほかにも4年生の看護大学では卒業と同時に看護師と保健師ともの国家試験受験資格が得られます。

 

助産師

看護師の資格取得後、一定期間の履修を終え、さらに国家試験に通ることで助産師の資格を受ける事が出来ます。最近では4年生の看護大学を卒業することで看護師の資格とともに助産師の国家試験を受ける資格を同時に得られるところもあるようです。

 

専門看護師

専門看護師は患者個人だけでなく家族などの集団に対して専門的かつ総合的な看護を行う。2011年現在においては、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護など10分野の専門分野があります。

 

認定看護師

認定看護師認定審査に合格した者だけが登録できる専門的な知識と技術を持った上級看護師。審査範囲は多岐にわたり広い知識と高い専門性が必要になります。


看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

看護師キャリアアップ無理?おすすめ資格紹介中!【スキルを磨ける?】関連ページ

休暇の状況
看護師転職を考えるきっかけの一つとして勤務条件があります。給与が高くても休めないのは辛いし、休みが多くても給料が少ないと困る。休暇と給与の条件にこだわりたい方におすすめの求人についてご案内しています。
残業について
看護師というと毎日夜遅くまで残業というイメージを持っている人も多いのでは?確かに楽な仕事ではないでしょうが、実際の労働環境はどうなのでしょう?転職の際の看護師求人での残業について考えていきます。
夜勤の状況
病棟勤務で外せないのが夜勤。できればやりたくない!という人も多いかと思いますが、どうしても避けられないのでしょうか?より働きやすい環境を求めるには夜勤についてこだわる必要があります。