看護師の求人の休暇の状況は?

病院は365日、24時間、まさに休みなくフル稼働しています。

 

ですから基本的に看護師の勤務は2交代制、3交代制でシフトを組まれることが多く、そのシフトどおりに勤務時間が回っていくので、決まった曜日に休暇を取るということができにくいと言えます。

 

ただそうはいっても看護師の働く環境も以前と比べると少しずつ改善されており、たとえば以前は当直や16時間を超える長時間勤務もザラ、休暇もなかなか取れないということもよくありましたが最近では看護師に対しても「週休2日制」の導入が進み、かなり多くのところで実際に実施されているようです。

 

あるアンケートによれば全国の看護師の約6割に当たる方が週休2日での勤務状態であるとのことなので、以前に比べると休暇もずいぶん取りやすくなっていると言えるでしょう。

 

ただ、看護師という職業の専門性からもわかる通り、看護師一人一人に課せられる役割はかなりの大きなものとなり、一人でもかけてしまうと想像以上の負担がほかの人にかかってきてしまいます。

 

そのため決められた休日以外の休暇はやはりなかなか取りにくいのですが、そうは言っても人間である以上体調がすぐれない時はどうしても出てきます。

 

そんなときにはもちろんほかの誰かと勤務の日を変わってもらうこともできるので必要以上に過敏になる必要はありません。

 

さらに言えばこれは入院している患者さんの看護にあたる「病棟看護師」の勤務体系であって、外来専門の看護師の場合などでは、土日、祝日休み、といったケースも出てきます。

 

どうしても決まった休みがほしい場合には働き方を変えるということができるのも看護師の強みであると言えるでしょう。


看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

看護師休暇とれない?労働環境の実態暴露中!【激務って本当?】関連ページ

残業について
看護師というと毎日夜遅くまで残業というイメージを持っている人も多いのでは?確かに楽な仕事ではないでしょうが、実際の労働環境はどうなのでしょう?転職の際の看護師求人での残業について考えていきます。
夜勤の状況
病棟勤務で外せないのが夜勤。できればやりたくない!という人も多いかと思いますが、どうしても避けられないのでしょうか?より働きやすい環境を求めるには夜勤についてこだわる必要があります。
キャリアアップの方法
自分のスキルを磨きキャリアアップにつながる求人を探すためにはどうすればいいのでしょうか?『転職前の方がマシだった!』ということにならない為にステップアップを目指す看護師の方に役立つ情報をご紹介します。