看護師求人で准看護師になる方法は?

看護師には「正看護師」と「准看護師」の2つに分ける事が出来るのですが、その違いとはなんなのでしょうか?

 

看護師になるには厚生労働省が行う国家試験に合格することが必須条件になることはよく知られていますが、准看護師の場合これには当たりません。

 

准看護師の定義とは、「都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて傷病者もしくは褥婦(じょくふ・・出産後間もない女性)に対する療養上の世話または診療上の補助を行うもの」と定められているのです。

 

つまり准看護師になるのに国家資格の必要はなく、都道府県知事の免許があればよいのです。

 

もちろん准看護師といっても行う仕事内容は正看護師とさほど変わりありません。

 

ただ、それ以外の違いは様々なところに現れてきます。

 

例えば、准看護師の仕事は基本的に正看護師の補佐といっても過言ではなく、自ら判断して率先的に看護を行うことは出来ません。

 

そのほか、准看護師のままでは国家資格を有しているわけではないので、たとえキャリアを積んだとしても管理職などへ昇格への妨げにもなります。もちろんお給料の面でも正看護師とは基本給から違ってきます。

 

つまり外見上の違いはほとんどなくても、正看護師と准看護師では意味合いが全く違ってくるのです。


准看護師になるには?

准看護師学校(2年制)を卒業し、都道府県が行う「准看護師試験」に合格する必要があります。看護師として一刻も早く現場に出て実績を積みたいと言う方には准看護師からキャリアを積むことをお勧めします。

看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

准看護師の給料安い?准看のなり方紹介中!【正看護師との違いは?】記事一覧

保健師の仕事は病院やクリニックでの看護というよりは、地域で暮らす人たちの健康を守るための仕事という意味合いが強く、働く場所も学校や保健所といった地域に根付いたいわゆる公的機関で働いている方が大半を占めます。具体的に言えば市町村で行われる健康診断や乳児健診なども保健師の仕事で、多くの方にとってとても身...

助産師の仕事は妊婦の健康管理に始まり、妊娠・出産にまつわる色々なメンタル面でのサポート、さらには出産時における分娩管理や分べん介助、出産後のケアに、新生児の健康管理など女性の妊娠から出産後に至るまでのすべてに携わる仕事内容となっています。ですから助産師が働く場としては,産科のある病院や産婦人科医院、...

専門看護師とは公益法人である日本看護協会によって認定された、専門的な知識と優れたスキルを持っていると認められた看護師のことを言い、具体的な分野として2011年現在では、@がん看護、A精神看護、B精神看護、C地域看護、D老人看護、E小児看護、F母性看護、G慢性疾患、H急性・慢性患者看護、I感染症看護、...

認定看護師とは日本看護協会によって定められた認定試験に合格し、なおかつある特定の看護分野において熟練した技術と知識を持ち、水準の高い看護を行うことができると認められた看護師のことを言います。専門看護師は試験を受けるまでのハードルがとても高いのに対して、認定看護師の場合は、試験を受ける資格条件として看...