保健師になる方法は?

保健師の仕事は病院やクリニックでの看護というよりは、地域で暮らす人たちの健康を守るための仕事という意味合いが強く、働く場所も学校や保健所といった地域に根付いたいわゆる公的機関で働いている方が大半を占めます。

 

具体的に言えば市町村で行われる健康診断や乳児健診なども保健師の仕事で、多くの方にとってとても身近な存在であると言えるのですね。

 

さらに最近では企業内で働く従業員の健康管理を行う看護師にも保健師の資格を持っていることが義務付けられてきて、ますますその需要は高まってきています。

 

では具体的に保健師を目指すにはどうすればよいのでしょうか?

 

まず、保健師は「厚生労働大臣の免許を受け、保健師の名称を用いて、保健指導に従事する者をさす」とされています。つまり保健師の資格を得るには厚生労働大臣指定の国家試験に合格しなければならないのです。

 

そのほかにも保健師の資格を持っていると養護教諭として働くこともできるため学校保健師として働くこともできます。


保健師になるには?

保健師になるまでの道にはいくつかの選択肢がありますが、もっとも一般的と言えるのが看護学校などで3年間勉強し、さらに上級コースとして保健師の勉強を1年続ける方法、もしくは看護大学(4年間)を卒業して、国家試験に挑む方法です。

 

もちろんそれ以外にも看護師として実際に働いてから、さらに保健師の資格を取ることもできます。

 

最近の傾向としては看護大学で4年間学び、卒業時に看護師、保健師、助産師の試験資格を得るパターンが増えてきています。

看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

保健師ってどこで働くの?仕事の内容紹介中!【どうやったらなれる?】関連ページ

助産師になるには?
看護師の転職や就職の際に条件がよく満足できる求人を見つけることができる専門サイトを研究しランキング形式でご案内する看護師求人ナビです。収入アップを目指す看護師の方必見です。
専門看護師になるには?
看護師の中には専門看護師という特別な知識と技術を必要とする資格があります。では具体的にどういう資格なのでしょう?そもそもどうやったらなれるの?意外と知られていない専門看護師について解説します。
認定看護師になるには?
特定の看護分野において熟練した技術と知識を持っていると認められる認定看護師。どうやったらなれるのでしょうか?現場でこの資格を活かせるのでしょうか?気になるところを紹介していきます。