助産師になる方法は?

助産師の仕事は妊婦の健康管理に始まり、妊娠・出産にまつわる色々なメンタル面でのサポート、さらには出産時における分娩管理や分べん介助、出産後のケアに、新生児の健康管理など女性の妊娠から出産後に至るまでのすべてに携わる仕事内容となっています。

 

ですから助産師が働く場としては,産科のある病院や産婦人科医院、母子健康センターなどが基本で、それ以外としては助産師自らが立ち上げることのできる"助産院"が挙げられます。

 

看護師や保健師などは自ら開院することは出来ませんが、助産師だけが医療法により開業権を持つことを認められていて、このところがほかの看護職とは大きく違うトコロであると言えるでしょう。

 

ただ助産師が扱うことのできるお産は、リスクのない正常時での出産のみとなっているので、薬品を使ったり、分べん器具を使用したり、帝王切開などの通常でない分娩の場合には医者のサポートに周るのが助産師の役目になります。


助産師になるには?

助産師になる場合は、助産師の養成機関において一定の学科を修了もしくは卒業し、厚生労働省が定める国家試験に合格しなければなりません。

 

一般的には看護学校で3年学び、その後上級コースとして助産師の養成課程を1年という4年かけて免許を取得することが多いです。

 

最近では看護大学(4年)を卒業すると看護師免許と同時に助産師の受験資格が得られるところも増えていて、この方法を選択する方が増えているようです。

 

もちろん看護師として働いた後、助産師の資格取得を目指す方法もあります。

看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

助産師になるのは難しい?仕事の概要紹介中!【開業できるって本当?】関連ページ

保健師になるには?
保健師という仕事はどういうものなのでしょうか?看護師との違いは?看護師とはまたちょっと違った保健師という仕事について紹介します。看護師から更にキャリアアップしたいという人は特に注目です!
専門看護師になるには?
看護師の中には専門看護師という特別な知識と技術を必要とする資格があります。では具体的にどういう資格なのでしょう?そもそもどうやったらなれるの?意外と知られていない専門看護師について解説します。
認定看護師になるには?
特定の看護分野において熟練した技術と知識を持っていると認められる認定看護師。どうやったらなれるのでしょうか?現場でこの資格を活かせるのでしょうか?気になるところを紹介していきます。