専門看護師になる方法は?

専門看護師とは公益法人である日本看護協会によって認定された、専門的な知識と優れたスキルを持っていると認められた看護師のことを言い、具体的な分野として2011年現在では、@がん看護、A精神看護、B精神看護、C地域看護、D老人看護、E小児看護、F母性看護、G慢性疾患、H急性・慢性患者看護、I感染症看護、J家族支援 と11分野にわたっています。

 

また専門看護師になると患者個人に対しての看護というだけでなく、家族に対しても同様に看護援助を行うことを要求され、また常に新しい専門的な知識も必要とされることから認定審査に通過しても5年ごとの更新審査を受け続けなければなりません。

 

つまり専門看護師はそれほどまでに高いスキルと知識と臨床経験が必要とされているのですね。

 

ではどのようにすれば専門看護師としての認定を受けられるのでしょうか?

 

まず専門看護師として認められるためには下記にある条件をすべてクリアしておかなければいけません。

 

  • 看護師・保健師・助産師のいずれか、またはそれに準ずる資格を有すること
  • 実務経験が通算5年以上あること(そのうちの3年以上は専門看護分野の実務経験であること。
  • 各専門分野で定められた実務研修を終えていること。
  • なお、上記の5年に及ぶ実務期間は常勤でないといけない。
  • 看護系大学院修士課程修了者で、さらに看護協議会が定めた教育課程の所定の単位を取得しているもの。
  • 専門看護師の認定を受けるものは上記すべての項目をすべて満たし、なおかつ現在も常勤、非常勤を問わず実践を続けているものであること。

 

これらの条件を満たしているものだけが試験を受けることを認められるので、実際には試験を受けるまでの条件を満たせない看護師もかなりいて、難易度のかなり高い資格であると言えるでしょう。

 

*2010末現在で全国の専門看護師の数は615人。分野別ではがん看護が250人と一番多く、次いで精神看護、地域看護となり、一番少ない家族支援ではたった8人しかいません。


看護師求人ランキング!【優良サイトを厳選】

専門看護師とは?資格の取り方紹介中!【普通の看護師との違いは?】関連ページ

保健師になるには?
保健師という仕事はどういうものなのでしょうか?看護師との違いは?看護師とはまたちょっと違った保健師という仕事について紹介します。看護師から更にキャリアアップしたいという人は特に注目です!
助産師になるには?
看護師の転職や就職の際に条件がよく満足できる求人を見つけることができる専門サイトを研究しランキング形式でご案内する看護師求人ナビです。収入アップを目指す看護師の方必見です。
認定看護師になるには?
特定の看護分野において熟練した技術と知識を持っていると認められる認定看護師。どうやったらなれるのでしょうか?現場でこの資格を活かせるのでしょうか?気になるところを紹介していきます。